リゾート

アメニティのサービス

ホテルが始まったのは

ホテル

日本で最初のホテルが建設されたのは、江戸時代と言われています。そして明治時代、日本の開国とともに多くの外国人が日本を訪れるようになりました。その際に宿泊する施設が必要になり、一気にホテルの建設が進んだのです。それまでは、宿泊施設といえば旅館が一般的でしたが、ホテルは当時、外国人をターゲットにしていたため、西洋風の造りになっています。さらに、1964年の東京オリンピック開催に伴い、ホテルの数もますます増えていきました。その後も高度経済成長期などの後押しもあり、東京から地方まで、ホテルの建設は進んでいったのです。 現在では種類も増え、ビジネスホテル、リゾートホテルなどといった宿泊の目的に合わせたホテルを選択することができます。

目的に合わせ多様化

現在では、多くの種類のホテルがあり、自分の利用目的に合ったところを選択することができるようになりました。旅行で利用する場合には、ゆったりした部屋で温泉がついているところに宿泊し、仕事の際には一人で寝泊まりするのに必要な大きさの部屋に宿泊するなど、使い方も様々です。また、部屋だけでなく、サービスも充実しています。女性の宿泊客をターゲットにしたアメニティのサービスや、小さな子ども連れの家族でも利用しやすいおもちゃ付きの部屋などもあります。朝食の無料サービスは、利用者にとってはとても有難いサービスです。 今後はさらに、サービスが充実していくものと思われます。価値のあるサービスによって他のホテルとの差別化を図ることで、ますます業界全体が発展していくことでしょう。